フロム スローライフ! ~すきなことがたり~

人生楽しくゆる~く生きていく術を模索中 すきなものはVtuberや映画サブカル。 人生にプラスアルファして楽しくする記事を書いてます

【思い付き記事】弱い頭で働くって何だろうって考える【人生って難しい】

f:id:Neeshe:20190603104534p:plain

 

おはようございます、にーしぇです。

 

休日や隙間時間など、ふと余裕のできた時に頭に浮かぶことってありますよね。

 

 

働くって何なんだろう

 

働くって何なんだろう。って僕は考えることがよくあります。

 

ライフワークとしての労働、人生を楽しむためのお金を得る手段としての労働。お金持ちの道楽としての労働などいろいろありますが。

 

 

正社員になって、出世して結婚して・・・

 

みたいなことが共通価値観として存在はしていますが、最近だと、そういった価値観も揺らぎつつあるのではないかと感じることがよくあります。

 

例えば、若者の〇〇離れとか最近よく言われますよね。車離れだとか結婚離れだとか。

 

お金がないから手を出せないというのも、多くの理由として挙げられます。

 

 

 

当たり前って何なんだろう

大学への進学率も2018年度には60%近くにも達し、とりあえず大学に行っとくかという流れが存在している日本ですが、この大学に行くという選択において将来自分がやりたいことに直結しているという人がどれくらいいるのかと考えたりします。

 

大学でやりたいこと=将来やりたいこと  じゃないケースが周りでもよく見られます。

 

そして僕もそうでした。僕は考古学や民俗学に興味があり国際文化学部なんて学部に進学しましたが、それが就職に役立ったかといわれると疑問が残ります。もちろん、無駄だったかといわれると全然そんなことないんですけどね。

 

民俗学のフィールドワークは資料集めの参考になりましたし←

 

 

あとは大学行って新卒で就職が当たり前、みんなそうしてる。

 

逆に僕はそれがすごいなあと思いました。

 

新卒で就職して当たり前、その職場でずっと頑張っていくのが当たり前。辛いのは当たり前。みんなそうだし頑張ってる。

 

 

それができない僕は何なんだろう・・・?と悩んだ時期もありました。

とりあえずどこかに就職して頑張ろう。

 

それが、精神的にも未熟な僕には我慢できず。

 

新卒カードを使ってようやく入れた会社も、1か月足らずでやめてしまいました。興味がないという本音を隠しながら。

 

 

人生において労働は、多くの時間を占めています。その中で興味のないどうでもいいと感じていたことに時間を使いたくなかったという意識高い系の意見に見えますが正確には、ただただ怖くて幼稚なわがままでしたかないんですよね。

 

やりたくないから逃げただけ。これが真実です。一刻もやめたかった。それだけ。

 

 

 

忍耐力がないだけかもしれないけれど

1年は我慢しろっていう意見をよく見ました。

 

辞めること確定しているのに、1年頑張ることのメリットデメリットを天秤にかけるのが一番ですよね。

 

僕は、今後この業界には近づかないと決めていたので1年は待てなかった。そもそも環境が無理でした、小学生みたいな考えでしたけど。

 

自分が今の仕事を続けられているのは、本当に好きな分野だから。そうじゃなかったら就職なんてしない。

 

 

好きなことだけして生きていくのは現実的には難しいかもしれません。

 

興味のある分野なら多少つらいことがあっても乗り越えられる何かがある。

 

ひと昔だとそれが、家族で会ったり大切な人などの存在というものがありましたが今はいろんな働き方や価値観が生まれつつありますよね。

 

 

 

無謀でばかで幼稚なわがままかもしれません。

 

それでもぼくは、自分のやりたいことをして生きていきたい。そう思うんです。

 

僕はいまVtuberにかかわる仕事をしています。これもこれでいろいろ悩みが尽きませんが。

 

 

周りのペースに合わせて、じゃなく自分がどんなペースで生きていたいのか、それをいつも自問自答する日々です。

 

 

選択肢は無数にあります。

 

こうしなくちゃいけない、当たり前だけがすべてではないんじゃないかなと思いました。

 

新卒カードを捨てて、2年間フリーターをして、当たり前から逃げてきた。

 

僕はこうして生きています。

 

 

 

自分は何者なんでしょうね!