フロム スローライフ! ~すきなことがたり~

人生楽しくゆる~く生きていく術を模索中 すきなものはVtuberや映画サブカル。 人生にプラスアルファして楽しくする記事を書いてます

【自分を受け入れろ】どんくさい自分の周りとの付き合い方について考えるおじさん【自己肯定は大事】

f:id:Neeshe:20190607232843p:plain

 

 

おはようございます、にーしぇです。

 

容量の悪い自分への解決策みたいな記事を先月あたりに書いてたなぁと思いましたが、また似たようなこと書いてたりする。

 

気にするな!

 

 

とはいっても前回はそれに対しての個人的な打開策を提案してたりしてましたね

www.from-slowlife.com

 

 

このときは、駄目な自分をどうにかして変えたい!などという感じでしたが

 

それはそうとして、そもそも自分がそういう人間なんだって認めて肯定すること自体から始まるよなって思いましたまる

 

自己否定から始まってない?

 

「こんな自分はだめだ」「自分が嫌になる」

 

みたいな悪感情からこういうネガティブな思考や発想をしてしまいますよね。

 

こうなると、ささいなことでさえ欠点に結びつけてしまいます。

 

まさに負のスパイラル…

 

一見だめなように見えても、それはほかから見たらそうでもないかもしれません。

 

自分の持ち味だと肯定してみる

 

僕ももちろん、日本人は協調性を重んじるため、他者と違う点を嫌ったり攻撃したりすることが少なくないです。

 

海外を見習え!とまでは言わないんですけど、自分の中の「個性」を全面に出して意見などを出していけるようになりたいですね。

 

「みんなは出来てるのに自分はできない」とかは「あっこれは僕にはあまり向いてないのかもしれない」

 

と割り切られるようになれるといいなぁと思ったり。

 

他の人とは違うところを、短所と取るか自分だけのポイントだと捉えるかで物の見方は色々変わってきますね。

 

 

自分の生き方を提案していく

 

自分の特徴や考え方が自分の中で、把握しやすくなったらそれを外に出していけるようにしたいですね。

 

「僕は、容量が悪くて本番でもたついたりすることがおおい」

 

 

「その分準備などを徹底したり、不測の事態に備えられるように事前に外堀を埋める」

 

 

という思考プロセスになったりするわけですが。

 

 

これを外に出すといっても押し付けるわけではないです。

 

「僕はこういう人間だ!!だから察しろ!」

 

では、なんだこいつ?としかならないですもんね…

 

なので、

 

「僕はこういうふうに思ってこうしたいんですけど。」

 

と周りに提案していくのが大事なんだなぁとしみじみ実感しています←

 

 

結局思っていることや考えは言わなきゃ伝わらないので、それをどう伝えていくかということですね。

 

あくまで相手に断定だけでなく提案していく。

 

 

自分がどんくさくてどうしようもないからこそ、どうしたいかを積極的に伝えるようにしています。

 

 

自分をきちんと受け入れて、抱え込むのではなく説明して提案していく。

 

それこそが自分だけではなく周りも少し幸せに生きていけるんじゃないかなぁと最近ようやく思うようになりました。

 

 

こんな自分でもいいじゃん

 

 

 

 

ほなね