フロム スローライフ! ~すきなことがたり~

人生楽しくゆる~く生きていく術を模索中 すきなものはVtuberや映画サブカル。 人生にプラスアルファして楽しくする記事を書いてます

【Vtuber】僕がVtuberを好きになった理由 【自分語り?】

おはようございます、にーしぇです。

 

最近はこんな記事を上げはじめ

 

www.from-slowlife.com

 

 

 

 

Vtuberが好きとか、それ系の記事をよく上げるけどそんなに好きなの?とかそもそもなんで好きなの?と思われることがあるかもしれません。

 

 

 

そんな僕がVtuberもといバーチャルYoutuberが好きになったきっかけや理由を紹介していけたらなあと思います。

 

f:id:Neeshe:20190611191744p:plain

 

 

Vtuberを知ったきっかけ

そもそもバーチャルYoutuberという存在がまだ浸透していなかったころ、2017年の夏あたりに、バイト先の店長から「キズナアイ」の動画を勧められました。

 

ゲームのキャラのそうな3Dモデルがしゃべってる動画だなあくらいのノリで見始めましたが、ゲームのキャラやアニメのキャラなどが動く際に明確に設定が順守されており決してキャラっぽくない動きや言動をしないのに対して、彼女はキズナアイというキャラでありつつも、非常に自由に振舞っていました。

 

今までのそういった存在とは何か逸脱した雰囲気を感じました。

 

簡潔に言えば、バーチャル空間に存在するキャラクターであるにもかかわらず、リアル感のある「親近感」を覚えたんですね。

 

これまであったゲーム実況のような、その場その場のリアクションが感じられる。けど、それをなしているのがアニメのようなキャラクターなんですよね。

 

これが、僕の中では非常に新鮮でした。

 

 

Vtuberにハマっていった年末

キズナアイを見始めたころから、ぽつぽつと似たような存在がYoutube上に見受けられるようになってきました。

 

電脳少女シロやミライアカリ、ときのそらなど、今でいうと四天王や大御所と呼ばれる彼女たちでしたがこの頃はまさに新人で、いろいろと試行錯誤した動画などを挙げられていました。

 

一見清楚で愛らしいが、アクションゲームをやらせると気性が荒くなるシロや、VRチャットなどでいろんなインタビューをしたり、バーチャルらしさを前回に出してきたミライアカリ、そのトークや雰囲気から生配信などでは癒しを提供してくれたときのそらさんなど

 

それぞれが、それぞれの自分らしさを持っていて動画にも個性が現れていて見ていて飽きなかった思い出。

 

こういったことが続き、気づけば毎日Youtubeをチェックするロボットになっていきました。

 

動画があげられる中でたまに行われる生配信はレアなもので、みんなのコメントなどに反応してくれる彼女たちが新鮮に感じました。

 

ちなみにミライアカリの生配信で年を越したのもこれが初めてで人生初のPC見ながらの年越しでした。

 

 

個人勢大量登場とにじさんじの登場

 

彼女たちの存在が着火剤になったのか、年明けごろからバーチャルYoutuberの存在が急激に増えました。

 

技術を持つ有志達がVRチャットに集って独自の文化を形成しだしたり、個人勢と呼ばれる、2D絵などを使って活動する人たちもいました。

 

そんななか、2月ごろにいちから株式会社が「にじさんじ」というグループを発表しました。

 

彼女らは動画投稿ではなく、生配信に力を入れて活動することで生配信がメインである今の文化を築いていったように思います。

 

スマホで気軽に見れる生配信アプリの「ミラティブ」で配信活動を行い、PCなどの環境が整ったのちYoutubeなどにも活動の幅を広げていくなど

 

Youtubeだけではなくいろんな配信の場で活躍する彼女たちは「バーチャルライバー」という存在と呼ばれました。

 

今でこそ、3Dなどで動くライバーもいますが当時はみんな2D絵で、この2D絵で気軽に配信を行う姿個人勢たちの参入するハードルを下げていったのかもしれません。

 

 

とくに、にじさんじのメンツはニコニコなどでバズった委員長こと月ノ美兎をはじめそれぞれが本当に濃い個性を持っておりみながみな「やべーやつ」扱いされていました。

 

こうした中の人の濃さがキャラにも反映されるというのが新しいVtuberの魅力のように感じて、僕はどっぷりつかっていったわけですね。

 

 

 

企業勢の参加とVtuber界の移り変わり

Vtuber界の賑わいは勢いを加速させていき、企業もこの界隈に参加していくことが増えました。

 

企業らしく、完成度の高い3Dモデルやグループなどいろんな方向性を探りながら企業Vたちもその数を増やしていきました。

 

ただ、ここで面白かったのが

 

ただお金をかけてすごいモデルを作ればいい

 

という問題ではなかったことですね。

 

お金をかけたがやっていることは普通な企業V < 2D絵ではあるが企画やそのキャラクター自体が面白い

 

とう構図が散見されました。

 

これは、今現状でもいえることで、まだこの業界がみんな手探りな状態である感じですね。

 

そのため、企業側とVtuberさんでトラブルが起こるなども散見されます

 

このゲーム部さんについて書いた記事もそれでした↓

 

 

www.from-slowlife.com

 

 

 

映画に特化した方や歌に特化した方など、それぞれの持ち味が明確でなおかつ配信や動画がおもしろい

 

という感じで数が増えすぎたことによって、「とりあえず見てみるか」ができなくなってしまったことによって埋もれていってしまうVtuberさんは増えているかもしれません。

 

そうしたことによって引退していくVのものも少なくありませんしね・・・。

 

視聴者としては

企業だからすごいに違いないというよりは、個人でもめちゃくちゃ面白いVtuberを見つけた

 

っていうのが楽しかったですね。

コラボ

あとはコラボでしょうか。

 

いろんなライバーさんやVtuberさんの動画、配信を見ているとコラボがあったりします。

 

好きなVtuberさん同士がコラボするなんてぜったいおもろいやん。。。

 

ってめちゃくちゃテンション上がってましたね。

 

Vtuberさんは現実の人間とは異なる容姿や設定を持っているので、それ単体でも面白いが、コラボすることによってその設定などをうまくいかしたりするなどないように幅や可能性を広げていくことができる。

 

というのが面白いんですよね。

 

たとえばおなじ「にじさんじ」内でも モイラという女神がいて、樋口楓という女子高生ライバーがいます。

 

この二人がコラボした結果

 

その配信画面には「女神とJK」が話しているのが出ているわけです。もう面白い。

 

こういったお互いの個性や設定を生かすことで、登録者数が増えたりコラボが増えたりなどしてVtuber同士が仲良くなってつながっていく現象が起きているのも特徴でしょうか。

 

 

 

 

 

つまり好きな理由とは

・アニメのようなキャラクターが自由にしゃべっている可愛さ

・それぞれ、設定やストーリーなどがある

・その人その人の個性が 如実にないように現れるためおもしろい

・バーチャルである特性上、お店やゲームなどタイアップなどのコラボがしやすい

・気軽に見れる

・コラボで、つながっていく視聴者やVtuberたち。

 

 

 

長くなってしまいましたが、こういう設定を持った彼女たちがVtuberという業界でいかに頑張っていくのかが楽しみです。

 

物珍しさがひと段落した今、Vtuberを見なくなったという人たちも増えてきました。

 

終わっていくのか、これから広がっていくのかはわかりません。それでも今僕たちが視聴者としてできることはしていきたいなあと思ってます。

 

 

 

ほなね

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村