フロム スローライフ! ~すきなことがたり~

人生楽しくゆる~く生きていく術を模索中 すきなものはVtuberや映画サブカル。 人生にプラスアルファして楽しくする記事を書いてます

【Vtuber】ひとりで夢の国ちえりーらんどへ行ってきたけどハチャメチャ楽しかった話【よみうりランド】

おはようございます、にーしぇです。

 

 

遅くなりましたが、先日 よみうりランドVtuberのコラボ週間 「Vtuberランド」の「夢の国ちえりーらんど」へ行ってきましたのでレポートをしたいなと思います。

 

 


よみうりランド

そもそも本来の目的は、ここよみうりランド内で開催されるホールイベントだったのですが、台風の影響によってイベント自体が中止となってしまいました。

 

f:id:Neeshe:20191023195646p:plain

 

そのため、この日はイベント関係なくコラボアトラクションをはじめよみうりランド自体を楽しんでやろうという気持ちで足を運んだというわけです。

 

平日ということもあり、人の入りも比較的少なくチケット売り場は並ぶこともなかったのは幸いでした。

 

最初は、入園料だけ払って乗りたいものだけ絞ってアトラクションチケットを買おうかなと思ったのですが、結局乗りたいものが多かったのでデイリーパスを買うことにしました。これだと、気にすることなく好きなだけ乗れますからね←

f:id:Neeshe:20191023195628j:plain

ゲートをくぐったとたん童心に戻ったかのようにテンションが上がり始めるぼく

曇り空ですが、おかげで気温も程よく過ごしやすい一日でした。

 

この時点で12時半ごろ。おなかも空いていたので、さっそく楽しみの一つであるコラボフードを食べることにしました。

 

 

コラボフードめぐり

恐怖の従業員ラーメン

ということで、真っ先に向かったのが園内のラーメン屋である「味噌衛門」さん。

 

こちらでは、アイドル部のメンバーの一人である花京院ちえりちゃんのコラボフード「恐怖の従業員ラーメン」があるとのこと。

 

f:id:Neeshe:20191023195606j:plain

 

かわいらしいビジュアルと、料理のギャップがやばい。

 

券売機でチケットを買うとご丁寧に「恐怖の従業員ラーメン」と記載されており思わずフフッとなってしまったのは内緒

 

f:id:Neeshe:20191023195559j:plain

 

じゃじゃーん。

 

同じアイドル部のメンバー、カルロ・ピノちゃんの好物 カルピスを添えて実質さくらんぼアイスコラボ。

 

見た目からしてもう非常に辛そうに見えますが、辛いのが苦手な僕でも比較的普通に食べることができ、なおかつうまみを感じることができ非常に満足でした。

 

 

 

三種のチーズフーキィーン

味噌衛門さんのすぐ隣には、カナダのフライドポテト料理「プーティン」を販売するロブソンフライズさんが。

 

ここで売られているのが

f:id:Neeshe:20191023221907j:plain

 

f:id:Neeshe:20191023195327j:plain

 

風紀委員とプーティンをかけたネーミング・・・なるほどね・・・

 

見た目的に非常にシンプルなのですが、だからこそのおいしさ!

 

大きなスライスチーズとダイスカットされたチーズとグレイビーソースのコンビネーションが素晴らしくて、ジャンク感もあり個人的に一番おいしいと感じたフードでした。

 

 

もこもこクレープ

f:id:Neeshe:20191023222118j:plain

f:id:Neeshe:20191023195255j:plain

 

 

しょっぱいものを食べると甘いものが食べたくなるのは人間の性・・・。

 

マリオンクレープさんにてめめめのもこもこクレープを購入。

 

生クリームやホイップクリームのふわふわかんとミカンなどのフルーツのアk受洗とがまたおいしくて割とおなか膨らんでましたが気にすることなく食べることができました。

 

久しぶりのクレープということもあり満足度高くて、この段階で達成感も含めてきてよかったという気持ちが強い。

 

 

さすがにこの状態で、アトラクションに乗るとやばそうなので少しだけ休むことに。

 

 

 

 

 

 

アトラクション

プテラサイクル

写真を撮り忘れて申し訳ありません・・・。

最初に乗ったアトラクションは、高所に建てられたレールの上を自転車のように自分でこぐ乗り物に乗って一周するプテラサイクル。今回はコラボ週間ということもあり、花京院ちえりちゃんの声を聴きながら空中散歩をすることができます。

 

ほのぼのした家族、とくに親子向けの乗り物ですが今回僕はおひとり様なので恥ずかしながら一人で乗ってまいりました。

 

が、これが逆に功を奏したのか ちえりちゃんと二人で乗っている気分になれて非常にベネ。

 

ミルキーウェイ

f:id:Neeshe:20191023195441j:plain

お次に乗ったのがこのミルキーウェイ

 

もこ田めめめちゃんとコラボしたこのアトラクションでは、聴きなじみのあるBGMが流れておりめめめのふんわりとしたイメージがもうマッチしていました。

 

個人的にこのタイプの乗り物が小さいころから非常に好きで、これまた子供に戻ったかのように楽しんでました。このスピード感と遠心力による負荷がたまらんのです・・・

 

大観覧車

f:id:Neeshe:20191023195334j:plain

今回の目玉の一つといっても過言ではない大観覧車。

 

ここでは、iPadを手渡され、観覧車内ではそのiPad内にどっとライブのメンバーが映し出されおしゃべりを聴くことができるというもの。

 

ランダムということもあり推しの映像を引くまで何度もチャレンジする猛者も。

 

僕は、4回ほど乗った結果、ヤマトイオリちゃんに出会うことができました。

f:id:Neeshe:20191023223336j:plain

はいかわいい。

 

いろんなメンバーの会話がありましたが、大半が「高いところ怖い」「おなかすいた」が多くて笑いました←

 

バンデット

よみうりランドの人気アトラクションことバンデット。

f:id:Neeshe:20191023195634j:plain

 

ほわほわとしたちえりちゃんのアナウンスからのジェットコースターは久しぶりなのもあって

 

正直めちゃくちゃこわかった

 

あんだけの高低差とスピードのものに乗ったのは初めてかもしれない。

 

本当に怖くて、一人なのに「うわああああああああああああ」ってずっと言ってた気がします

 

 

ハシビロGO

f:id:Neeshe:20191023195435j:plain

名BGMこと「morning」から始まったこのアトラクションは八重沢なとりちゃんとコラボしたハシビロGO。

 

回転する円盤が振り子のように動くアトラクションです。

 

先ほどのミルキーウェイといい、こういう遠心力がかかるアトラクション大好きなのでこれも自然と楽しむことができました。グワングワンと変わる景色に目が回りそうだったのは内緒です←

 

 

 

クレイジーヒューストン

f:id:Neeshe:20191023195448j:plain

いろんな遊園地にもあるこれ。正式名称とか通商があるのかわかりませんが、急に落ちたり上がったりするやつです。(雑)

 

僕は高いところ割と好きなのもあってハシビロ号に乗りながら向かいにあったこのアトラクションが気になっていたので乗ることに。

 

「落ちる際にカウントダウンなどはございません」という無慈悲なスタッフさんのアトラクションを聞いて心構えをする隙もなく落ちたり上がったり。

 

非 常 に 怖 い

 

一通りアトラクションを乗り回した僕でしたが、最後に非常に怖い思いをしてしまいました。

 

 

しかし、本当に怖かったのはこの次でございました・・・

 

 

番外編 バンジージャンプ

f:id:Neeshe:20191023195239j:plain

 

バンジージャンプ

 

それは、小さなころからテレビでみて「一度やってみたいこと」として脳内に深く刻み込まれていたものの一つ。

 

小学校の卒業旅行で鷲羽山ハイランドに行った際、せっかくのチャンスだったにも関わらず、わずかな怯えによって結局チャレンジすることなく帰ってしまったことがありました。

 

その時からいつか絶対にチャレンジしてみたいと思っていました。

 

それから10数年。ようやくその時が来たとばかりに目の間に鎮座するバンジージャンプ

 

あの頃の怯えはなく、ただただ飛びたいという欲のみが脳内を支配する。

 

デイリーパスの範囲外であるため別途料金がかかるわけでしたが、きちんとチケットを買ってさっそく受付へ。

 

誓約書を記入し、安全具を付け荷物をロッカーに預けあとは上に登って飛ぶのみ。不安などみじんもなく幼いころからの夢をかなえることだできる充実感に体を突き動かされいざ階段を上ります。

 

 

めっちゃこわい

 

あの高揚感と無敵感は何だったんだってくらい委縮する僕のハート。

 

え、たかい。こわい。ビルの7階に匹敵する高さだそうです。

 

 

足がすくみびくびくする僕に無慈悲なスタッフの声が。

「もう少し前に。はいではカウントダウンしますねー 3・・・2・・・」

 

まって、まって。カウントダウンって10からじゃないの?

 

な、南無三!!!

 

 

 

ここ数年で一番怖い思いをした

 

ぶらん状態から下におろされるまで、放心状態でしたし、安全具外してもしばらく生きた心地しなかったですね・・・

 

割とウキウキでやった僕でこれなので、テレビとかで高いとこ苦手な人がバンジーやるのはマジで怖いだろうな

 

 

と改めて実感しました。

 

 

バンジーはマジでヤバイ。

 

 

まとめ

 ひとり遊園地ということで、正直楽しめるかも不安だった今回のよみうりランドでしたが、結果的にはめちゃくちゃ楽しかったです。

 

もちろん、ここに知り合いとかが加わるとさらに面白いのは間違いないでしょうが、一人だからと言って楽しめないということはないということが分かっただけでも大きな収穫でした。

 

(アイドル部ファンの方ともっと知り合ってこういうところで遊びたいな)

 

この週はどっとライブとのコラボでしたが、ほかの週はいろんなVtuberさんたちとコラボしているよみうりランド

 

前回に引き続きの今回でしたが、来年もぜひやってほしいなと思いました。

 

 

 

ほなね!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:Neeshe:20191023195650j:plain

 

帰りはゴンドラで。