フロム スローライフ! ~すきなことがたり~

人生楽しくゆる~く生きていく術を模索中 すきなものはVtuberや映画サブカル。 人生にプラスアルファして楽しくする記事を書いてます

【Uber Eats】ウーバーイーツってどうなの? 配達員が利用してみて思うこと、気を付けること

おはようございます、にーしぇです。

 

今日は久しぶりにウーバーイーツを利用しました。

 

日ごろ副業としてウーバーイーツの配達員として動いている自分が頼む側としてウーバーイーツを利用した感想とか頼むときに気を付けていることについて書いていこうかなと思ってます。

 

 

 

ウーバーイーツは割とクーポンを配布している

ウーバーイーツは、ツイッター上や、チラシなどでもよくあるようにクーポンをよく配布しています。そのため、ハードルを低くすることによってはじめての方も頼みやすくなってます。

 

ただ、このクーポンは大体が初めての方用のクーポンなので、よく利用する僕は利用できないことが多いです・・・悲しい。

 

ただ、逆に言えば、まだウーバーイーツを使ったことがない人はいつでもクーポンを使用しやすいという環境が整っているとも言えます。

 

今は、1000円オフクーポンとかが配布されていますのでまだなおかつサービスエリアに住まれている方はこの機会にぜひ利用してみるのもありかもしれないですね。

 

配達エリアのピンがずれていて配達員が迷うことがある

これは配達員をして分かったことなんですが、料理を受け取っていざ配達するかとなったときに指定された住所と地図のピンがずれていることがあります。

 

そのため、たしかに付近には到着したはずなのに建物が見つからない

 

などのことがよくあります。

 

配達員が自分の家の周りをぐるぐるしているときは、このピンずれが起こっていることがあります。

 

そのため、正しい住所が入力されているかなどを改めてチェックしてみましょう。

 

また、僕のアパートは新築だったので地図上に正しく反映されておらず料理を頼んでも必ずと言っていいほどうちを通り過ぎて行って迷ったりすることがあります。

 

配達員にとっても、頼んだ側にとっても時間の無駄だったりするので過去にウーバーイーツを頼んでそういうことがあった場合は、近くに来たらメッセージを入れたり、わかりやすい目印を記載するなどしてお互いに配慮してみるといいかもしれません。

 

 

 

僕は、近くの目印をメモに記入しているためあれから配達員の方も迷わなくなりました。

 

 

 

 

ウーバーイーツは結局のところ素人が運ぶということを配達員側もお客側も忘れないようにしておくことが円満なサービスのコツなのかなあと思います。

 

 

f:id:Neeshe:20191217204921j:plain

 

 

ほなね